引越し挨拶は必要?

新居に引越しをしてきた場合、現在生活している住居を出ていく場合、近所に挨拶をしたほうがいいのか頭を悩ませる人は少なくありません。
絶対にする必要がある、必要はないというわけではありませんが、ケースバイケースで対応することが大切です。


まず、出ていく場合ですが、隣近所とのお付き合いがなかった場合には、とくに挨拶をしなくてもいいでしょう。
言葉を交わしたこともないのに、引越しの挨拶をしにいったところで、怪訝な表情をされるでしょうし、ましてや粗品を渡しても困らせてしまうだけです。
したがって、転居する際の挨拶は、比較的新密度が高い人に対してだけでよいでしょう。


なお、引越すときには荷物の搬出をしたり、部屋の片付けをしたりしますが、とくに集合住宅で音で迷惑をかけるような場合には、面識がなくても両隣や上下階にうるさくなる日時を伝えると同時に挨拶をするのも悪くありません。
また、新居での挨拶ですが、やはり集合住宅の場合は荷物の搬入がありますので、両隣や上下階への挨拶をしておくと角が立ちません。
これ以外のケースでも、挨拶をしないと気がおさまらない人は、隣近所に挨拶をしておくのがよいでしょう。


ただし、とくに女性の一人暮らしの場合にはいまのこの物騒な時代、防犯上危険になる可能性がありますので、無理にする必要はありません。
以上のことを踏まえ、挨拶をしようと思った人は、当サイトで紹介している引越し挨拶のノウハウをご覧ください。



Copyright © 2014 引越しの時の挨拶は大切 All Rights Reserved.